本文へスキップ
ホーム > 地域福祉事業 > 津市成年後見サポートセンター事業

津市成年後見サポートセンター事業

 認知症や障がいがあっても、住み慣れた地域で安心した生活が送れるように、成年後見制度(※1)に関する相談に対応し、成年後見制度を利用するための手続き、申立、後見活動等をお手伝いします。

[主な事業]

相談支援事業

  • 成年後見制度を必要とする方、親族、関係機関からの相談に対応し、制度の利用が必要な場合、申立の手続きを支援します。また、親族後見人等からの相談に対応します。
  • 相談の内容によって、法律家等の専門職や必要な関係機関と連携し、住み慣れた地域で安心した生活が送れるよう支援します。

普及啓発事業

  • 成年後見制度や、津市成年後見サポートセンターについて、広く周知します。
  • 地域住民や関係機関向けの研修会を開催します。

市民後見人養成事業(平成29年度以降実施予定)

  • 地域福祉の担い手として身近な立場で後見業務を行う「市民後見人(※2)」の養成講座を開催します。

法人後見事業

  • 家庭裁判所の審判に基づき、津市社会福祉協議会が法人として成年後見人等を受任し、財産管理や身上監護等の後見活動を行います。

 
  • 「成年後見制度」は認知症、知的障がい、精神障がいなどによって物事を判断する能力が十分でない方について、その方の権利を守る援助者を選び、法律的に支援する制度です。成年後見人等に選任された方は、本人に代わって、財産管理や身上監護(福祉サービスの利用・施設入所の契約等)を行います。
  • 「市民後見人」とは、「社会貢献への意欲や倫理観が高い一般市民の中から、成年後見に関する一定の知識や技術・態度を身に付けた良質の第三者後見人」のことと言われています。

説明をおこなっているイラスト

個人情報の取扱いについて |
 サイトマップ
All Rights Reserved,Copyright
(C)2015.Tsu City Council of Social Welfare.